行き場をなくした犬や猫、そして希望の光

 合同写真展「希望への道」に行ってきました。
 
「希望への道ー二人の写真家が見た熊本地震ー」
阿蘇在住の長野良市と熊本出身の尾崎たまきによる合同写真展
熊本地震で大きな被害を受けた阿蘇より
:長野良市
行き場をなくした犬や猫、そして希望の光
:尾崎たまき
 
ギャラリーはとても居心地がよくて、
常設されている書籍を読みつつ
主催の河野さんに写真展のお話を伺い
オーナーの板倉さんとは
猫トークで盛り上がり、
ついつい長居をしてしまいました^^
 
 
水中写真家の大御所
中村征夫さんもいらしてました
尾崎たまきさんは、
征夫さんのお弟子さんなんですよね
 
 
3月に発売された藤崎童士さんの
「犬房女子」を読んだ私は、
尾崎たまきさん写真エッセイ
「お家に、帰ろう 殺処分ゼロへの願い」もお買い上げ。
印象的な表紙の写真
 
 
犬猫の保護活動に興味を持ち始めたのは
3年前に猫を家族に迎え入れた時から。
それまでは関心の輪の外だったので
何も知らなかったです。
 
今回の写真展や書籍にある厳しい現実は
わざわざ目にしたくない人も多い内容だと思います。
 
それでも関心の輪が1歩ずつ外に広がれば良いなぁと猫バカの私は願っています。
 
 
写真展は5月27日(日)までです^^
 
会場 あーとすぺーすgallery pawpad
東京都世田谷区砧5-23-8-1F
小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅
ウルトラマン商店街を南下徒歩5分
 
日程 5月20日(日)~5月27日(日) 
時間 13時~19時
5月26日(土)10:00~19:00
5月27日(日) 10:00~15:00 最終日15:00まで

虹色パステル

町田~相模原市を中心に「上手い下手」より「楽しく描く♪」をモットーに「パステル教室(パステル和みアート)」と「似顔絵」のオーダーを受け付けています。

0コメント

  • 1000 / 1000